スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スケート>銀の穂積選手が母校訪問 北海道千歳(毎日新聞)

 バングーバー大会で冬季五輪に初出場し、スピードスケート女子・団体追い抜きで銀メダルを獲得した穂積雅子選手(23)が20日、母校の北海道千歳市立青葉中学校(千葉英一校長)を訪問した。

 1、2年生約320人に迎えられた穂積選手は、選手村での食事や同室だった高木美帆選手の話を交え、「何から何まで新鮮だった」と報告。質疑応答では「スピードスケートとは何ですか」という生徒からの問いに「人生そのもの」と応じ、「たくさんの人に支えられて、青葉中時代に夢だった五輪出場がかなった。みんなも目標に向かって頑張って」と後輩を激励した。

 自身もスピードスケートをやっているという生徒会役員の星佳歩さん(2年)から「青葉中全員の誇りです」と穂積選手へ花束が贈られた。穂積選手はこの日、母校の日の出小学校など2校も訪問した。【円谷美晶】

【関連ニュース】
高木美帆選手:1人の「卒業式」…北海道・札内中
日本ハム:スケート代表・高木選手がハーフタイムピッチ
高木美帆選手:「努力を忘れない」 町民栄誉賞表彰式
スピードスケート:高木美帆選手が入学式 帯広南商高生に
五輪スピード:田畑が涙、高木「感動」…団体追い抜きで銀

「引きこもり」「在日」にも障害者福祉は必要―12団体が新制度へ要望(医療介護CBニュース)
<富良野市長選>能登氏が再選 北海道(毎日新聞)
<福岡警官拳銃所持>容疑者「中学時からモデルガンに興味」(毎日新聞)
<村本さん死亡>友人らが参列し通夜 都内の葬儀所で(毎日新聞)
「日程管理が不十分」原因=3閣僚の予算委遅刻-政府答弁書(時事通信)

<久喜市長選>田中氏が無投票で初当選 埼玉(毎日新聞)

 久喜市長(埼玉県)田中暄二氏(64)=無新=が無投票で初当選。

武田薬品、新製品5品目の承認を取得(医療介護CBニュース)
鶴岡八幡宮の大イチョウ、移植の幹から芽(読売新聞)
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」-衆院厚労委(医療介護CBニュース)
<水死>75歳男性、揖斐川で投網漁中 岐阜(毎日新聞)
<航空トラブル>エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に(毎日新聞)

消費税、凍結見直し必要=増税争点に衆院解散も-仙谷国家戦略相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は13日の閣議後記者会見で、鳩山由紀夫首相が4年間凍結を表明した消費税引き上げに関し、「今の税収のままなら(財政的に)大きな壁にぶち当たる」と述べ、見直しが必要との考えを示した。さらに消費税引き上げを争点に衆院を任期中に解散するのも選択肢になるとの認識を示した。 

【関連ニュース】
デフレ克服に増税必要=財源確保で菅財務相
「立ち上がれるか心配」=新党名に皮肉
債務残高比率「安定的に縮減」=目標年次明記、6月まで先送り
公約修正やむを得ない=枝野行政刷新相
理念・政策、方向性が課題=対極の与謝野、平沼氏

阿久根市長不信任案提案へ「市長派市議がなぜ」(読売新聞)
立山黒部アルペンルート全面開通(産経新聞)
<普天間移設>「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感(毎日新聞)
<水俣病>救済を閣議決定 未認定3万人超対象(毎日新聞)
日本人40人乗りバスが追突=死者、重傷者なし-オーストリア(時事通信)

厚労相「無駄ない、との信頼を」―省内事業仕分けスタート(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月12日、同省が所管する特殊法人の事業などの是非について、関係者と有識者らが議論する「厚生労働省省内事業仕分け」の第1回会合を開催した。冒頭、あいさつに立った長妻昭厚労相は今回の狙いについて、「1円単位で政策に結び付いている、無駄がないとの信頼を勝ち取ることが最大の課題だ」と述べた。

■第1回は「支払基金」などが対象法人に

 同省によると、外部の有識者を招いて実施する省内事業仕分けは他省庁含め今回が初めて。政府の行政刷新会議が実施する事業仕分けとは別に、同省が自主的に改革を目指す。第1回会合では、独立行政法人「雇用・能力開発機構」と、特別民間法人「社会保険診療報酬支払基金」について議論した。

 厚労省が所管する事業の事務、事業について、民間の有識者らが関係者の説明を受けて、存続の意義について評価する。有識者は「廃止」「移管」「見直し」などの見解を明確に示し、政務三役はこれを踏まえて最終的な意思決定を次年度の概算要求に反映する。

 省内事業仕分けは6月まで週2回のペースで実施。次回は早ければ4月15日に開催する。対象となる特殊法人は未定だが、今年度は少なくとも14の独立行政法人などについて議論する見通し。なお、議論はすべて一般の国民を含めて公開で実施する。

■「パフォーマンスではない」

 会合後、長妻厚労相は記者団に対し、「省内の内部監査もあるが効果が上がっていない。(事業仕分けという)公開の場の緊張感が必要だった」としている。一部で行政刷新会議による事業仕分けとの違いが分かりづらいとの声については、「パフォーマンスでやっているわけではない。今年限りのものではなく、毎年やっていく。行政刷新会議の事業仕分けは、各省庁の一部の事業をサンプルとして取り上げるが、厚労省が所管する主要な事業はすべてやる」と述べた。

■「仕分け人」は21人の有識者らで構成

 第1回の会合では、「仕分け人」として同省が選出した21人の有識者の中から、河北総合病院の河北博文理事長など5人と厚労省モニター1人を加えて議論した。21人の仕分け人は以下の通り。

 赤沼康弘氏(日本弁護士連合会高齢者・障害者の権利に関する委員会委員)▽阿部正浩氏(獨協大学経済学部教授)▽荒井英明氏(厚木市こども未来部こども育成課長)▽安念潤司氏(中央大学法科大学院教授)▽岩瀬達哉氏(ジャーナリスト)▽大久保和孝氏(新日本有限責任監査法人パートナー、CSR推進部長)▽小野寺利孝氏(小野寺協同法律事務所弁護士)▽河北博文氏(河北総合病院理事長)▽菊池馨実氏(早稲田大学法学学術院教授)▽草間吉夫氏(高萩市長)▽住田光生氏(至誠監査法人理事長)▽高田創氏(みずほ証券金融市場調査部長チーフストラテジスト)▽高橋進氏(日本総合研究所副理事長)▽田代雄倬氏(元川崎製鉄環境エンジニアリング部長)▽土屋了介氏(財団法人癌研究会顧問)▽中山弘氏(元学校法人ホンダ学園常務理事)▽仁田道夫氏(東京大学社会科学研究所教授)▽福嶋浩彦氏(中央学院大学社会システム研究所教授)▽宮山徳司氏(埼玉医科大学医療政策学特任教授)▽山内敬氏(高島一徹堂顧問)▽渡辺顕一郎氏(日本福祉大学子ども発達学部子ども発達学科教授)


【関連記事】
「レセプト査定率」の支部間格差、厚労省が実態調査へ
レセプト請求の審査の効率化も協議―厚労省が検討会
「消費者、患者の観点で規制見直しを」-行政刷新会議分科会が初会合
仕分け可能性の高い公益法人、来週にも選定―枝野担当相
省内事業仕分け、公開へ―厚労省

<ニュース1週間>日米密約認め、国に文書開示命令/山崎さん、宇宙へ(毎日新聞)
納豆菌使った水浄化、丸紅が海外売り込みへ(読売新聞)
公式の日米首脳会談見送りへ 米側、日程確保厳しく(産経新聞)
防衛相が米露の新核軍縮条約署名を評価(産経新聞)
鳥取市長に自公推薦の竹内氏が3選 民・社推薦、共産支持の新人破る(産経新聞)

普天間移設で詰めの協議=首相と関係閣僚が会談(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は2日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、岡田克也外相、北沢俊美防衛相ら関係閣僚と首相官邸で会談した。移設先の政府案について詰めの協議を行うとともに、関係閣僚が緊密に情報交換しながら、沖縄など移設先候補地の関係者や米側と交渉していくことを確認した。
 会談には岡田氏らのほか、平野博文官房長官、前原誠司沖縄担当相が出席。岡田氏は先の訪米でのゲーツ国防長官らとの会談結果を、平野、北沢両氏は仲井真弘多沖縄県知事との協議内容をそれぞれ報告した。首相は「おのおのの閣僚が役割を果たしてほしい。認識を共有してやっていこう」と指示した。
 会談後、平野長官は記者団に「考え方について意思統一した。関係閣僚も首相の考え方でやっていく」と説明。与党党首級による基本政策閣僚委員会での意見調整は、当分行わない考えを示した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

12万5000台リコール=ダイハツ(時事通信)
<訃報>吉田勝二さん78歳=長崎原爆の語り部(毎日新聞)
<訃報>藤井黎さん79歳=元仙台市長(毎日新聞)
市のツイッターが縁、米子ゆるキャラ「ヨネギーズ」商品化(産経新聞)
「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)
プロフィール

ミスターまさしえだ

Author:ミスターまさしえだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。